つみたてNISAって?その仕組みを1からわかりやすく解説

#資産形成
この記事は約8分で読めます。

金融庁が公表した報告書が発端となった老後資金2000万円問題以降、
今まで以上に老後に対しての不安が大きくなり自ら老後の資産形成をしていかないといけないと
危機感を感じた人も多くいるかと思います。

SNSやネットで資産形成について調べると最初に出てくるワードは
「NISA」・「つみたてNISA」・「iDeCo」が引っかかってくると思います。

今回は「つみたてNISA」に対してこんな疑問を持っている方向けに書いていきます。
・NISAとつみたてNISAって名前もほとんど同じだし同じ制度じゃないの?どんな違いがあるの?
・つみたてNISAのメリット・デメリットは?

この記事を読めばこのような疑問を持っている方でも一発で解決します。

「NISA」については別記事で詳しく紹介していますので
こちらをご覧ください。

いまさら聞けない?NISAがどんな制度なのかをわかりやすく解説

スポンサーリンク

つみたてNISAって?

つみたてNISAとは2018年1月からスタートした制度で
特に少額からの長期・積立・分散での投資を支援するための非課税制度です。

つみたてNISAの対象商品には、手数料が低水準などの一定の条件が設定されており
投資初心者の方をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

つみたてNISAの具体的な仕組み

投資信託を運用し出た利益に対しては通常20.315%の税金がかかりますが
つみたてNISAの場合ゼロとなります。

ただし、いくらでも優遇されるわけではありません。つみたてNISAでは、毎年40万円までの投資額(非課税投資枠)に限って、運用益が非課税になります。

また非課税期間も決まっており20年間となっています。
つみたてNISAが始まった2018年から毎年40万円ずつ投資した場合、最大800万円を非課税で運用することができます。

<つみたてNISA制度のイメージ図>

(出典:金融庁ホームページより)

非課税対象:一定の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡金
利用できる人:
日本に住んでいる20歳以上の方
口座開設可能数:1人1口座
非課税投資枠:新規投資額で毎年40万円が上限
非課税期間:最長20年間
投資可能期間:2018~2037年
※NISA口座を開設する金融機関は1年単位で変更可能です。
 NISA口座内で、つみたてNISAと一般NISAを1年単位で変更することも可能。
注意:つみたてNISAですでに投資信託を購入している場合、
   その年は他の金融機関又は一般NISAに変更することはできません。
 
今現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入ができるのが2037年までとされています。
2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。

つみたてNISAの注意点

続いてはつみたてNISAの注意点についてまとめました。

非課税投資枠について

・非課税枠を翌年に持ち越せない
一般NISA同様につみたてNISAでもその年の非課税枠の未使用分があっても、
翌年度以降に繰り越すことはできません。

例えば、今年度に30万円の投資をしたとします。
この時に今年度に余った10万円が翌年の非課税枠に加算されることはありません。

あくまでも、年間で最大40万円が非課税枠の上限となるので注意が必要です。

・一度使った非課税枠は復活しない
非課税枠内では、商品の買いなおしはできません。
非課税枠を使い商品を買った場合はその商品を売った場合でも
一度使った非課税枠は復活しませんご注意ください。

口座開設について

・NISA口座は1人1口座に限り開設可能
つみたてNISA又は一般NISAのどちらを選択する必要があります。

ただし年によって双方をきりかえることは可能で、
例えば2020年はNISAを使い、2021年はつみたてNISAを使うという切り替えは出来ます。

変更しようとする年の9月末までに、金融機関で変更の手続きを完了する必要があります。
また、その年に既に内NISA口座内で金融商品の購入をしていた場合には、
変更できるのは翌年の投資分からです。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAのメリットを4つに分けて解説していきたいと思います。

非課税になる

つみたてNISA最大のメリットは購入した投資信託を売った際の利益や分配金に関し非課税になる点です。
日本では、投資から得られた利益に対して、
通常20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)がかかりますが、これがゼロになります。

こちらのメリットは従来からある一般NISAと同じメリットとなっています。
ただし、その他の細かいルールに違いがありますので利用する際には注意が必要です。

少額からはじめられる

つみたてNISAには年間40万までの枠があります。
1月からの12ヶ月間で枠を埋めようと思った場合、月々約33,000円ほどまで積み立てをすることができます

中には月々3万円も投資に回すことができない。という方もいるかもしれませんが、
積立金額は金融機関によっては100円からでも可能です。
なので初めての投資で抵抗がある方や今現在、投資にお金を回す余裕のない方でも始めやすくなっています。

初心者の方でも始めやすい

初めて投資を始めようかと思っている方は、国内外の株、投資信託、債券などなど商品がいっぱいありすぎてどこの何に投資をしたら良いのかわからないということもあるかと思います。

日本には現在、投資信託だけで約6100本の商品があります。
しかしつみたてNISAは金融庁が認めた投資商品のみが対象となっており約150本ほどまで絞られています。

金融庁が一定の条件の元選んだ商品が対象となっているので初心者の方にも選びやすいものとなっています。

期間が長い

一般NISAは非課税期間が5年なのに対して、つみたてNISAは最長20年間あります。

一般NISAでは5年後に、新しい非課税口座に移管(ロールオーバー)or売るor課税口座に移すかの選択をする必要がありましたが、
つみたてNISAの場合、移管(ロールオーバー)はできません。

つみたてNISAのメリットまとめ

・運用してでた利益が非課税となる
・少額からはじめられる
・初心者の方でも始めやすい
・運用できる期間が長い

つみたてNISAのデメリット

つみたてNISAのデメリットを4つに分けて解説していきたいと思います。

非課税枠が小さい

一般NISAは年間の非課税枠が120万円なのに対し、つみたてNISAは40万円と1/3になります。
一般NISAとつみたてNISAは併用できませんので、どちらか選ぶ必要があります。

つみたてNISAの場合は、年間40万円なので、それを超える積み立てがしたいという方は、一般NISAを使った方がよいでしょう。

損益通算できない

つみたてNISAも一般NISAと同様に損益通算ができません。

損益通算とは:
一定期間内の利益と損失を相殺することです。
投資を行って利益(譲渡益や配当など)が出た場合は税金がかかりますが、
一方で損失が出た場合には利益から差し引いて、
その分だけ税金を減らすことができます。

損益通算についても一般NISAの記事内で分かりやすく解説していますので
よくわからなかったという方はそちらをご覧ください。

いまさら聞けない?NISAがどんな制度なのかをわかりやすく解説

投資できる商品数が少ない

つみたてNISAはメリットの所で述べたように金融庁が選んだ商品から選択できるというのは初心者にとってはメリットですが、多くの商品の中から投資したい人にはデメリットに感じる方もいるでしょう。

また、安定した投資信託が主流なので、大きなリターンを狙いたい方は物足りなさを感じるかもしれません。

保有中の投資信託をつみたてNISAに移行できない

つみたてNISAの40万円の非課税枠の枠を利用できるのは「新規」で投資信託やETFを購入する場合に限ります。

すでに一般NISAや課税口座で投資信託を保有している場合、つみたてNISAの非課税枠に移すことはできません。

つみたてNISAのデメリットまとめ

・非課税枠が小さい
・損益通算できない
・投資できる商品が少ない
・保有中の投資信託をつみたてNISAに移行できない

一般NISAとつみたてNISAの比較

つみたてNISA一般NISA
非課税投資枠40万円/年120万円/年
非課税期間最長20年間最長5年間
口座開設期間2037年まで2023年まで
非課税投資総額最大800万円最大600万円
対象商品一定の要件を備えた投資信託等上場株式、投資信託等
保有商品の移行不可(※1)可(※1)

※1:NISAからつみたてNISAへのロールオーバー、つみたてNISAからNISAへのロールオーバーも制度上認められていません

つみたてNISAとNISAはどちらがおすすめなのか

つみたてNISAは投資できる商品を主に少額から投資可能な投資信託とし、
手数料などの運用コストが抑えられている商品に限定されています。

つみたてNISAは少額からコツコツと長期で資産形成をしたい方(安定的に運用したい方)向けの制度です。

一方、一般NISAはつみたてNISAでは運用することのできない株などを運用することが可能となっています。

まとまった額をある程度のリスクは許容しつつ運用したい人にはNISAが向いているかと思います。

選ぶ上でのポイントまとめ

<一般NISA>
・年間120万円投資できる人
・積極的な運用もしたい人
・幅広い商品から選び投資したい人

<つみたてNISA>
・少額から長期にわたり資産形成したい人
・比較的安定的な運用をしたい人
・自分でなかなか商品を選べない人
・投資を始めてみようかと迷っている方

まとめ

投資や運用と聞くと、初心者の方にとってはとてもハードルが高いように思えるかもしれません。

しかしつみたてNISAは、初めて投資信託で資産形成を始める人や長期に渡って資産形成を行う若い世代を特に意識して設計された制度です。

このありがたい制度、活用しない手はないと思いませんか?

銀行預金では資産を大きく増やすことが難しい今、どの金融資産を選択するかで将来の資産に大きく差が出る時代です。

まずはお金を貯める仕組み作りとして、少額からでもつみたてNISAを始めてみるといいですね

つみたてNISAも一般NISA同様に素晴らしい制度ですがメリットだけではなくデメリットもあります。
しっかりと仕組み、制度について理解した上で活用していきましょう!

私の記事を読まれて少しでも疑問が解決できていれば嬉しく思います。
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント