定期保険と収入保障保険はどちらを選ぶべき?それぞれの違いを解説

#保険
この記事は約6分で読めます。

生命保険の中で、死亡した時に保険金がおりる死亡保険は大きく分けて3種類あり、
「終身保険」「養老保険」「定期保険」の3つに分けることができます。

子供が独立するまでや遺された家族の生活費など、一定期間に大きな保障が欲しい場合に役立つのが「定期保険」です。

「定期保険」は「終身保険」や「養老保険」と比べて保険料を抑えつつ大きな死亡保障を確保することができます。

実は定期保険の中にもさらに種類があり代表的なものに収入保障保険があります。

では定期保険と収入保障保険をどのように使い分ければ良いのでしょうか?
それぞれの特徴とどちらを選べばよいのかについて、わかりやすく解説します。

今回は
・そもそも収入保障保険ってなに?
・定期保険と収入保障保険ってどちらが良いのかわからない
そんな方に向けて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

収入保障保険・定期保険とは?

一定期間の死亡保障を目的とした保険である「定期保険」と、
その定期保険の一種で死亡保険金を分割して毎月のお給料のように受け取ることができる「収入保障保険」。

この2つは保障内容こそ異なるものの、用途はかなり似ているため、どちらを契約するべきかで迷っている方も多いと思います。

まずはそれぞれの保険の違いや特徴を見ていきましょう。

収入保障保険とは?

例えば、結婚をしマイホームを購入、お子様が生まれると一般的に
必要な保障額は増えていきますが、年を取るにつれ子供も大きくなり独り立ちしたり、住宅ローンの返済が進むにつれて時間の経過に従い必要な保障額(死亡保険金の額)は今度は年々減っていきます。

この必要保障額の減少に合わせて死亡保障額も年々減少していきます。
このようなタイプの死亡保険を収入保障保険と言います。

保険期間内に被保険者が死亡した場合に、保険期間の満了まで給付金を受け取れます。
給付金の受け取りは毎月、年1回など、保険会社や商品により異なります。
また給付金は一括して受け取ることもできますが、毎月受け取った場合の給付金受取総額よりも一括で受取った時の方が受取りの総額が下回ります。


給付金受取期間には最低保証があり、
給付金受取期間が最低保証に満たない場合、最低保証期間にわたって給付金を受け取ることができます。
例えば最低保証が2年間の場合、保険期間満了まであと1年というタイミングで被保険者が死亡したときには、最低保証期間である2年間の間給付金を受け取ることができます。

定期保険とは?

定期保険にも複数の種類がありますが今回は平準定期保険を用いて解説していきます。

平準定期保険とは、名前の通り保険期間中の保険金額(保障額)が一定の定期保険です。

一定期間に万が一の事があった場合には常に一定額の死亡保険金を受け取ることができます。
名前の「定期」という言葉は死亡保障の期間が定まっているという意味です。

保険期間には、10年、15年といった補償する年数を定めた年満了もあれば、
60歳70歳までなどといった一定の年齢まで保障するといったような歳満了があります。

定期保険では、保険金額が変わらない定額のタイプが一般的ですが
契約後、一定期間ごとに保険金額が増加・減少するタイプもあります。

収入保障保険と同様に子どもが独立するまで、また、自分の退職までは死亡保障を確保しておきたいなど、一定期間に絞って万一のことに備えたい場合などに活用できます。

保険金の受け取り方の違いについて

収入保障保険と定期保険では保険金の受け取り方に大きな違いがあります。

定期保険はまとめて一度に受取り

定期保険はまとめてドカッと一括で保険金を受け取ります。

例えば万一の時に3000万や5000万という契約をしていた場合、
これらの金額を一括で受取ります。

保険期間中であれば、加入した直後に亡くなった場合でも、保険期間が終わる前日に亡くなった場合でも受け取る金額は同じです。

収入保障保険は毎月、給料のように受取り

収入保障保険は定期保険のように保険金を一括で受取るのではなく、
毎月、お給料のように受け取ることができます。

例:30歳男性が月10万の収入保障保険に30年加入する場合。

・加入してすぐに死亡
10万×12ヶ月×30年=3600万
この場合、3600万円の保険金を受取ることができます

・加入して20年後に死亡
10万×12ヶ月×10年=1200万
この場合、1200万円の保険金を受取ることができます

収入保障保険では保険期間が経過するごとに保険金が少なくなっていきます。
数字だとイメージしにくい方は上のイラストを参考にしてみてください。

収入保障保険は一括で受取ることもできる

収入保障保険は3つの方法から受け取り方を選ぶことができる保険となっています。

①毎月受取る方法
②まとめて受取る方法
③一部をまとめて受取り、残りを毎月受取る方法
大きく分けてこの3つの受取り方があります。

②、③について注意していただきたいのが一括で受取ることができるが受取り金額が毎月受取りを選択した時と比べ減るという点です。

通常は年金形式での毎月受取りが基本です。
ただし、お子様の入学費用や学費、病気の治療のための治療費などまとまったお金が必要となった場合に対応できるように②や③のような選択肢があります。

保険料はどれぐらい変わってくるの?

皆様が一番気になってくるのが一体どれくらい保険料が変わってくるのか?という点だと思います。

それでは実際にどれくらい保険料が変わってくるのか確認していきましょう。

参考:オリックス生命 保険料シミュレーター

保険料の例
契約年齢:30歳、性別:男、保険期間:55歳、払込期間:55歳、払込方法:月払

定期保険収入保障保険
保険種類定期保険収入保障保険(最低保証期間1年)
保険金額3000万円3000万円(※1)
月払い保険料4,625円1,940円
55歳までの払込保険料総額1,387,500円582,000円

※1:収入保障保険の保険金額は年々減少していきます。また一括受取りを選択した場合は金額が減少します。

定期保険と収入保障保険を比較すると保険料は半分以下になります。

ただしこの比較は契約と同時に被保険者が死亡し、定期保険は一括で、
収入保障保険は25年間毎月受取りした場合の保険金額での比較となっています。

何度も言いますが収入保障保険は経過年数と共に受取れる保険金額は減少していきます。
つまり単純に保険料や保険金額を単純に比較しただけではどちらが優れているかは断言できません。

ただこれだけの保険料差があると一括での受け取りを想定し保障を備えておいても保険料は定期保険と比較した場合には抑えることができるかと思います。

今回見て頂いたのはあくまでも一例となっています。
保険会社によっては保険料がさらに変わる場合もありますので是非一度ご自身の年齢で保険料を計算してみてください。

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

まとめ

実際の生命保険選びでは必要保障額を計算して、その額を備えるためにどのように保険を選ぶと良いのかを考えます。

そのため必ずしも収入保障保険が良いというわけではありません。
ですが一般的にお子様の成長や住宅ローンの返済が終わるにつれて必要保障額は少なくなっていきます。

そんな時に必要保障額の減少に合わせて備えていけるのが収入保障保険のメリットかと思います。

①定期保険と収入保障保険の違い
・仕組みによる違い
・受け取り方による違い

②必要保障額の減少に合わせて保障を持つことができるのは収入保障保険

定期保険・収入保障保険それぞれの特徴などについてご理解いただけたでしょうか?それぞれの特徴を知り、ご自身の要望に合った商品を選択していただければと思います。

商品選択に迷う場合には、FPや無料の保険相談所に相談するのも1つの方法です。
せっかくの大切なお金を無駄にしないためにも活用できるものは活用していくべきだと思います。

たくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】
また相談は気が引けるという方は資料請求をしてみるのも良いかもしれませんね
【無料】複数の保険会社に生命保険などパンフレット一括請求!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
保険貧乏にならないためにも適切な保障・保険を選んでいきましょう。

#保険
ポチっとしていただけると嬉しいです!
みあんFPをフォローする
スポンサーリンク
First Step

コメント